247: 1/3 投稿日:2012/02/21(火) 21:57:30.06 ID:6J+XaO2F

黒歴史で思い出した。

私=当時中一だけど中ニ病に羅漢

A子=小学校が一緒だった友達 かわいい。

B子=小学校が別だったヤンキー。

不良女子グループのリーダー格。

中学生に入学して、学校生活にやや慣れかけた頃、

A子が急にB子のグループにいじめられだした。

理由は噂ではA子が、B子の鞄の中身を、放課後

こっそり捨ててたというのを、不良の先輩が見た!

と言うことだったが、自分はA子がそんな事をする

ような子じゃないと思いつつも、ヤンキー女子に

意見なんて、地味オタク女子代表みたいな自分には

なぁ・・・と、思っていたが、ふと計画を思い付い

て、実行に移す事にした。




当時、クラスではまさに「こっくりさん」ブームの

真っ只中で、女子はこぞっておまじないの本やら

タロットやらのオカルト本を読みあさって、より

詳しいオカルト知識を持ってる奴が、無条件に女子

の中で一目置かれるという風潮になっていた。

そこで私は、様々なオタク知識を総動員して、

クラスの女子の前でマイナーなオカルト知識を披露

してみたり、あるトリックを使い、ダウジングで

裏返しにしたカードの図柄をすべて当てるなどの

パフォーマンスを披露し、クラスどころか、同学年の

女子から一目置かれる存在になるのに、そんなに

時間はかからなかった。


249: 2/3 投稿日:2012/02/21(火) 21:58:58.77 ID:6J+XaO2F

いじめをしていたB子も、私に興味深々で、

なにかやる時は私の占いやアドバイスを聞く様に

なりだしたので、そろそろ頃合いかな?と計画を

実行することにした。

B子達が、好きな先輩とうまく行くか調べて!

と頼んだので、こっくりさんではなく、キューピット

様に聞いてあげるよと、文字盤を書いた。

B子と私の二人で鉛筆を持ち、キューピット様を

召喚する言葉を呟く。B子の仲間達は神妙な顔で

儀式を見守っている。私はそこでわざと鉛筆と

B子の手を振り払い、

「えきゃきゃきゃきゃー!!!!」

と、全身をガタガタさせて、いかにも悪霊にのっと

られたかのような奇声を上げた。

私の急な変貌に本当に悪霊にのっとられたと思った

B子達は、普段の生意気な態度は鳴りを潜め、本気で

怯えだした。泣いた子もいた。

今思い出すだけでも頭を抱えたくなる思い出だが

当時の私は、想像以上に不良たちがびびったのに

気をよくして、

「ぅわたしにぃー!恋の相談をしたいのはぁー

ぅおまえかああああああ?!」見たいな事を言うと

B子は泣きそうになりながら、こくこく頷いた。


250: 3/3 投稿日:2012/02/21(火) 22:01:24.86 ID:6J+XaO2F

「残念だが、相手はお前の性格が悪いと見抜いて

おるから、その恋は絶望的だ!ウワーッハッハッハ!」

「そんな!なんでですか!?←何故か敬語」

「お前は罪もない少女にいじめをしておるだろう!」

「!だ、だってあれは!先輩があの子が私の鞄外に

捨てたって言うから!」

「証拠はあるのか?!そもそもその先輩はなぜ

その少女の顔をしっておるのだ!?あと、その

少女がお前の鞄を捨てて、なにかメリットでも

あるのか?!」「!」

などなど、いじめの発端の矛盾点を突きまくると、

B子達は確かに・・・と納得しだした。

私も大概疲れたので

「まずは先輩とやらに事実を確認せよ!恋の占いは

それからじゃ!」と言った後ばったり倒れた。

そして駆け寄ってきたその子達に抱き起こされて

「んんー?何で私教室で寝てるの?」とかとぼけると

不良女子達はますます信じてしまったようだった。

なぜ信じたの当時の彼女達。


251: 4/3 投稿日:2012/02/21(火) 22:03:16.65 ID:6J+XaO2F

改行多いておこられた。これが最後。

後日、不良女子達はその先輩に確認をしてみると、

先輩が言っていたのは全くのでたらめで、たまたま

B子に会いに来たときに見かけたA子がかわいくて

ムカついた、ただそれだけでB子に嘘をついたらしい。

ヤンキーだし単純だけど、悪い奴でもなかったB子は

軽率に決めつけて悪かった!とA子に謝り、いじめは

漫画のハッピーエンドのごとく、きれいに収まった。

A子にはすごくお礼言われた。

そしてますます私の株も上がり、中学時代は怖いもの

なしな青春をエンジョイしたが、今にして思えば、

B子とはそれなりに信頼関係築いてたんだから、

あんな三文芝居しなくても普通に忠告してやれば、

今こうして黒歴史を思い出して、恥ずかしさに

転げ回ったり、同窓会でいじられたりする事は無かった

のになぁと思う・・・。


253: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/02/21(火) 22:11:29.59 ID:4BZOzKaE

スーっとはしないが面白い

254: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/02/21(火) 22:35:05.30 ID:XVD12239

死にたくなるくらい恥ずかしい話、ってスレ立てようか

255: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/02/21(火) 22:35:09.20 ID:TxVSbbMt



>>251

面白かったよ、GJw

若い頃の友人関係なんか、何がきっかけで壊れるかわかったもんじゃない

まっとうに話つけようとしてムッとされたら…と怖がるのはあたりまえさ

むしろそんくらいに大々的な演技で場ごとまるめた方が良かったんだよ、きっと

君はどうだい、女優にならないかい?w


256: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/02/21(火) 22:36:52.25 ID:p2Sd/81a

こっくりさんブーム世代は今頃アラフォーだと思うんだが……

262: 251 投稿日:2012/02/21(火) 23:28:52.91 ID:6J+XaO2F

アラサーです。GJありがとうございます。

笑ってもらえると、古傷がすこし癒える気がしますw

後日談として、後にとりついた設定の悪霊は

いじめが解決した後、再び彼女達の熱い要望により

再び召喚されることとなり、めんどくせーなーと

思いつつも悪霊役を再び演じ、

A・B「悪霊さんのおかげでクラスに平和が戻りました。

おれいを言わせてください!」

私「気にするな!俺もかつて生きていた頃は、些細な

ことからいじめを受けた。俺のようにならなくて

本当によかった!(適当にその場で作った設定)」

B「悪霊さんは、もと人間だったんですか?」

私「うむ」

A「何て名前だったんですか?男性ですよね?!」

私「名は・・・デッドだ!大学院のときに、戦争で

死んでしまったのだ!(てきとう)」

と、いつの間にかいろんな設定が生まれてしまい、

クラスの女子の相談相手として、私が許可すれば、

いつでもデッドさんが現れる設定になり、

「デッドさんとテスト中に交代すれば、いい点数

とれそうだよね!(デッドさんは大学院生だから)」

と言われて、焦って勉強しっかりやりだして

難関校にはいるまでになったので、中ニ病もそう

悪いもんではなかったかも知れません・・・。


264: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/02/21(火) 23:40:44.64 ID:lWEsQ4vl



>>247

羅漢すんな罹患しろ


265: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/02/22(水) 03:12:20.18 ID:iLG+YClS



>>261

ワロタww

同窓会でいじられるってことは、今はもう演技ってばれてるんだよね?


266: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/02/22(水) 07:59:32.34 ID:gbdoTNSt

死んだ人が出てきてんならこっくりさんじゃなくてぽっくりさんじゃないかと

言いたいだけ


269: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/02/22(水) 16:09:04.53 ID:venB8TiO

テッドwww

厨二病がいい方向に働いたのを聞いたのは初めてな気がするw


270: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/02/22(水) 17:48:13.66 ID:cEloH63J



>>269

いや、「デッド」だぜ。

英語圏ではデイビッド、「ダビデ」の略語で使われることが多いが

発音の直訳は「死んだ」だな。


271: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/02/22(水) 21:16:12.33 ID:OeAcGoSa

ぅわたしにぃー!から若本声で再生されて腹筋がががw

引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(107)