72: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/11(水) 01:19:59.40 ID:0NsW7sHb


家族からモラハラを受けてた

まず言われた通りにすると怒られる、しなくても怒られる

例えば部屋を掃除しろと言われてやったら勝手にものを動かしたと怒る

洗濯物を取り込めと言われて畳んでしまったらそこまでやれとは言ってないと怒る

次は取り込むだけにしてみれば、どうして畳んでしまわないのかと怒る

そして食べ方が汚いから綺麗になるまでは一緒の食卓には座らせられないと

1人だけ台所の隅の別のテーブルで食事させられる

こぼさず残さず食べても、必ずどうしてこんなに汚く食べるのかと怒られる

風呂に入れば水を使いすぎると怒られ、寝れば布団にシワが寄っていると怒られ

一つ一つ挙げるときりがないが、生活の全てがこんな調子




両親と弟との4人家族だったんだが、標的は常に自分だけだった

両親には「何一つまともにできないクズ」と蔑まれ続け

弟もそれに倣って俺を嘲笑った

肉体的な暴力は一切なかったし

父親は社会的地位が高い職業で信用もあったから

自分がそんな扱いを受けていることは家族以外誰も知らなかったと思う


73: おさかなくわえた名無しさん
2013/12/11(水) 01:20:36.97 ID:0NsW7sHb


当時モラハラなんて言葉はなかったし

子供にとって家庭は絶対の場所だから、自分にとってはこの扱いがずっと通常運転だった

ただその扱いを当然と思っていた訳ではなく、なぜなのかという疑問はずっと抱えていた

洗脳されきってしまわなかったのは多分、本をよく読んでたからだと思う

家に帰るのが嫌で学校の図書館に毎日入り浸っていた

帰りが遅いことは毎日怒られたけど

本は現実逃避のための道具で、自分の周りだけが世界の全てじゃないということを教えてくれる存在だった

そして今でも本当に不思議なんだが小学6年の時、芥川龍之介の「河童」を読んでいて突然

「おかしいのは自分ではなく家族だ」

ということを唐突に確信した

内容に触発されてそういう結論を導き出したというより

本当に雷に打たれたみたいに突然それが閃いた

天の啓示があるとしたらまさにあれなんだろう

それまではなぜ自分だけが家族とうまくやれないのか、自分の何が悪いのか、どこがおかしいのかと思い悩み

うまく折り合いを付けられる道がどこかにあるはずと信じていたが

その瞬間から100%家族の方がおかしい、取り込まれてはいけないと考えるようになった


74: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/11(水) 01:21:53.72 ID:0NsW7sHb

世間体を気にする家だったから進学を阻まれなかったのは幸いだった

大学に入学してからは一度も家に帰っていない

ちなみに今はもう就職し家族や親戚には住所も職業も教えていない

地元にいる友人の話では割といい大学に入った俺を母親は自慢の種にしていて

今は海外で勤めていることになっているそうだ

まあそんな話はどうでもいい

俺の人生の一番の衝撃は学校の図書館で自分の尊厳を取り戻したあの瞬間だった、それだけが言いたかった

長文すまんかった


76: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/11(水) 01:23:31.47 ID:srRixQeK

>>74

乙 ほんとうに乙


80: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/11(水) 02:05:00.68 ID:XTkdqX7d

>>74

機能不全家庭か。

74が家族の生け贄になってたんだね。

本ってすごいなあ。

ほんと乙


84: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/11(水) 05:35:49.32 ID:SdVmN0yS

>>74

文学が人を救ったんだね

とにかく乙


85: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/11(水) 07:18:16.69 ID:AE70+bCI

>>74

機会があったら土屋隆夫 著「芥川龍之介の推理」角川文庫を読むといいよ!

今は絶版だけど…。


87: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/11(水) 08:13:34.59 ID:HoqmDWW6

実社会の理不尽さと真っ向勝負してるのが一般的社会人なんで、

そのレベルの家族の小言が逆に愛おしく思えてこないことの方が衝撃的だわw

中二病を拗らせる為だけの読書が衝撃的に無意味だ

という事実も合わせて覚えておいた方が良いかとw


89: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/11(水) 09:21:37.27 ID:Aasqc8uj

>>74

機能不全家族はつらい。同感。

若いときは自身で自足できるから機能不全家族など捨て去ることもできるし、

それは全く悪くない。神でさえ諸手を挙げて祝福するだろう。

けど歳を重ねてくると、自分の生みの親の

存在と必ず正面から向かい合わなければならない時が、必ずくる。

そこからが本当の勝負が始まる。

人を呪わば穴二つ。

親を恨み続けることは自分の身をも滅ぼす

ことと知り愕然とする。

この選択は辛い。

身に覚えのない罪を自力で償わなければならないような感覚。

怒り、悲しみ、絶望、その苦しみを

乗り越えることができる人は幸い。

負けないでほしい。


90: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/11(水) 09:30:35.70 ID:qQBql05L

>>74

男性で長男でしょ?普通なら長男教で次男が半殺しにされるよね

不思議…連れ子とかなのかな


91: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/11(水) 09:33:34.72 ID:mUA5VGgP

>>90

出来婚で夫婦仲がイマイチだと標的が長子になったりすることもある

「お前のせいで」ってね


92: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/11(水) 09:38:46.82 ID:qb4j65r9

>>90

ちゃんとした理由なんて無いんだよ

両親の歪んだところが、長男に対して露わになっただけ

次男が産まれてオモチャ扱い猫かわいがり出来るから

その分長男に八つ当たりとかね

普通の感覚もってる人間の理由を当て嵌めちゃいかん


93: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/11(水) 09:55:56.26 ID:YSoJpJ8C

>>87

がんばったね。

よしよし^^


94: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/11(水) 09:58:50.10 ID:f2oGa5Wg

最初の子って我が儘だからなあ。

二人目は産まれたときからライバルいるから親に甘え上手。

それと比べると自然に上が生意気に思えて、何をしても癇に障るってのはよくあることだ。

親が子供だと上の子が憎いとしか思えないんだよ。

残念な親で気の毒だ。


96: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/11(水) 10:54:36.66 ID:JgRtF13S

レス主本人が実際に役立たずの無能である可能性は無視?

レスの流れが宗教並の同調性示してて怖いw


98: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/11(水) 10:56:56.94 ID:0cgvUIZN

>>96

仮に有能でないにしても虐待してはいけません


101: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/11(水) 12:37:13.43 ID:NKED8DZH

引き籠りやニートの仮想敵であり攻撃対象になるのが常に親、という事実が衝撃的

何もしないのに何もかも提供してくれる存在とか、神以外の何物でもないのにw

何故にそうなってしまうのかが理解不能


102: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/11(水) 12:39:14.75 ID:BqdHR8Y1

>>96

さてはお前・・・


105: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/11(水) 14:09:34.88 ID:g1jgxv0B

>>101

そりゃニートにとって飯や電気やらを提供してくれる事は

地上に空気があることと同じように当たり前の事であって

親から受けてる恩じゃないからな


106: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/11(水) 14:52:11.99 ID:Zv9556Qz

>>101

親から何度も殺されかけて下さい

経験がない人は逆に甘やかされてる。理解されない世界


107: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/11(水) 15:07:19.40 ID:wjxxvV26

普通の親元で普通に育った一には何をどう説明したって

絶対に理解なんか出来ないからこういう話しは

毒親スレが良かったかもしれないけど、衝撃的な話しだし難しいね


引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 108度目




見たほうがいいです。