434: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)16:24:05 ID:qJ3

俺が大学時代にあった出来事

とある教授の授業は

授業開始と同時に前回の課題の返却&当日の課題配布後

前半:授業のはじめに前回出した課題の解説を行う

中盤:本日の課題の説明

後半:課題をやる時間、やったら提出して帰れる

というものだった

その授業の前半の解説中、成績の良かった人を一人名指しで前に呼び出し、その人のやり方を説明させていた

その時毎回名前を呼ばれている女性がいた

彼女は結構有名人だった




なぜなら常にぼっちで誰と話すわけでもないのに、授業の前半、課題の解説が終わるとその日の課題を提出してさっさと帰ってしまうからだ

何故か授業内容を聞いていないのに課題をできてしまう。しかもほとんど完璧に

常にぼっちだから誰も話しかけられず、女性の謎は深まるばかり

ある時俺は授業を休んで単位が危うくなった

俺の友達は俺と同じような頭なので、教えられるわけもなく

仕方なく解説を終えて席に戻ろうとした女性に声をかけて、教えてもらった

ぼっちだから怖い人なのかなと思ったけど、表情ひとつ変えずに教えてくれた

それを周りも見ていたようで、次の時間には授業前に女性にいろんな人が話しかけていた

女性は普通に気さくで話しやすい人だったし、明るい人だった

見た目もどちらかというと人懐っこそうな感じで、しかも背がとても低いから威圧感とかもない

でも教室を出るといつも一人

何であんなに明るくて優しい人が常に一人なんだろうと未だに謎

でもそれを聞けるほど仲良くなったわけではないので謎は謎のまま終わった


435: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)16:50:43 ID:5Uz

単にひとりで行動するのが好きな人だったんじゃないの

何か不思議なんだろうか


436: 名無しさん@おーぷん 2016/03/26(土)18:12:02 ID:12G

そういう人いたな

浮世離れしたいわば平安時代の人みたいな雰囲気だったよ


引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その12