413: 2-1 2014/01/28(火) 00:43:49.19 0



悪夢のような半生を吐き出す

スレチならごめん



元夫は優しい人だった

夕食を食べながらいつもさりげなく「美味い」

弁当を作った日は「ありがと」と言って出勤して行った

休日の買い物はいつも付き合ってくれて荷物も当然のように持ってくれた




私が仕事で遅くなり元夫が先に帰った日は風呂の用意を済ませ

料理までは出来なかったけど直ぐに料理が出来る様に準備していてくれた

皿洗いも時々してくれた。ゴミ出し当番もやってくれた

結婚記念日や誕生日には他愛の無いものとは言え必ず何かを買って帰って来てくれた

お金も全部私に任せてくれた



私は当然の事だと何の感情も抱かなかった。完全に感覚が麻痺していた

私はそんな優しい元夫をこっぴどく裏切った


414: 2-2 2014/01/28(火) 00:45:08.25 0



パート先の、男らしく頼りがいのある独身の社員と意気投合して恋をした

運命の人に出会った。元夫との結婚は誤りだったと信じて疑わなかった

体は許さなかったけど、彼と食事やデートを頻繁にするようになった

私は元夫のことを良く思っていなかった亭主関白な父親の言葉を利用して

元夫に冷たく当たり悪口を言いふらし周りを味方につけた

元夫は離婚届にサインする直前まで私を引き止めようとしていた

その時、ただただ私の幸せな将来を邪魔する存在にしか見えなかった

私はそこでも暴言を吐き、元夫は観念して震える手でサインした

それでも元夫は慰謝料も何も要求しなかった



私は全てを捨てて自由の身になり彼の元へ走った

でも幸せだと思ったのは付き合っている時だけだった

いざ同棲して見ると家のことは何もしない、何の気遣いもしない、

自分の遊びを優先する、文句を言うと怒鳴る、

横柄で、ぐうたらで、金遣いの荒い人間だった。冷めた

同棲を解消しパートも辞めて実家に逃げ帰った



あれから何人か男と付き合ったけど長続きしなかった

元夫との何気ないと思っていた生活がどんなに幸せだったかを思い知らされる

元夫の話題が出て悪く言われる度に心が痛んだ



100%無理だと分かっていても慎ましく生きていればいつか

元夫と寄りを戻せると思いながら数年が過ぎた

ある日、母に頼まれショッピングモールに一人で買出しに行った

買い物を済ませ、荷物を抱えて駐車場を歩いている時に

紛れもない前夫の車が止まっていることに気付いた

凄く懐かしい気持ちになり思わず近づいて見る

後部座席にチャイルドシートと熊のぬいぐるみがあった



気が付くと私は車に戻って泣いていた

もう二度と幸せな生活は戻って来ない


引用元: ・【悪夢】最悪の出来事を語るスレ【修羅場】