383: 名無しさん@HOME

今でも忘れられない修羅場。

父親が母親のバッグを借りる借りないで揉めて、突然目の前で怒鳴りあいの喧嘩を始めた。
ビックリしたし怖かったけど止めなきゃと思って、まぁまぁと言いながら両親の間に立った。
そうしたら沈黙が流れたから、喧嘩が終わったかな?と思ったその瞬間に母親の手が超高速で私の頭に降ってきた。
強烈なバッチーンという音と衝撃と痛みで私はギャン泣き、それが原因で喧嘩が再開した上にヒートアップ。
その後父親が私を担いで部屋から出て、その後は一切何も覚えていない。

幼稚園児の時の話だけどこれだけは鮮明に覚えている。
今経験しても大したことないだろうけど、当時は巨人に全力でブッ叩かれたように感じた。









384: 名無しさん@HOME
なんで父親が母親のバッグなんか借りるような事態になったのかが気になる

385: 名無しさん@HOME
父の母か姉か妹がバッグを借りたいと父に言って、それをそのまま鳩って…とか

387: 名無しさん@HOME
383が幾つの時の話なんだろうね

388: 383
すみません、軽く補足させていただきます。
当時幼稚園の年少か年中でした。
その日父親と私が近所のスーパー(もしくはイオン、曖昧ですみません)に行くことになり、
外出の為のバッグが必要だから借りたいという流れになっていたような記憶があります。
ただ、怒鳴りあいの最中に話していたバッグは女性用のおしゃれバッグでした。そこは謎です。
893さんとは無関係だと思います。たぶん。


引用元: ・今までにあった最大の修羅場 £86