838: 名無し 2015/04/26(日)03:03:38 ID:p4c

大学時代の修羅場。

私が通っていたのはど田舎の大学で、まだ狸やらウサギやらが学内に平気で出てくるような環境だった。
その大学でラグビー部のマネージャーしてた。

ある日、破れてしまった練習着を縫い合わせようと何枚かまとめて持って帰った。
布を当てて手縫いでチクチクやること小一時間。
ふと視界の端に何か蠢く物が。

当時一人暮らしでペットも飼っておらず、部屋にいるのは私だけ。


動くものなんてあるはずない。
恐る恐る目をやると、右腕を這い上がる15センチ以上の巨大なムカデが!!

ヒェーッ!!ヒェーッ!!!

と情けない声を上げて慌てて服を脱ぐ(直に触ったら噛まれると思った)。
そこまでは良かったんだが気が動転していたのか、なぜか脱いだ服をそのままベランダの洗濯機にin。
で、脱水ボタンをon。
数秒回したところで(これ洗濯槽も服もムカデ汁まみれになるんじゃね?)と思い当たり、また慌てて急停止。
ムカデは中で無傷、元気にウゴウゴしていた。
そこからはもう半泣きになりながら割り箸でムカデを摘んでベランダからリリースした。

右腕のムカデと目があった瞬間が修羅場。
気づいたらずっと上半身ブラジャー一丁のままムカデと闘っていたのも修羅場。



839: 名無しさん@おーぷん 2015/04/26(日)07:33:53 ID:o7V

>>838の様子を荒木飛呂彦に描いてほしい



841: 838 2015/04/26(日)08:06:20 ID:p4c

書き忘れていましたが、ムカデはど田舎の大学から持ってきた練習着にくっついて我が家に来てしまったようでした。
そして後に知りましたが、15センチ級のムカデなど学内では全く珍しくなく、もっとデカイのもいました。



引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その9】